ダイエットピルの種類と効果的な選び方って?オススメは?

ダイエットピルは痩せるために使うものではなく、太る原因を排除するために使用するものです。

 

こういったダイエットピルは、肥満抑制のために美容外科クリニックなどで処方されたりしますが、結局はダイエットサプリメントなどと同じで、飲むだけで痩せる、といったものではありません。

 

あくまでも、今以上に太らないために使用するもの、といったほうが正解になります。

 

こういったダイエットピルを大きく分けてみると・・・

 

1.食欲抑制薬(剤)

 

2.吸収阻害薬(剤)

 

に分けられます。

 

1は、肥満の方に多い「食べ過ぎ」によるカロリー摂取量オーバーを、強制的に食べる意欲(食欲)を抑えこむことで、それ以上太りにくくするもの。

 

2は、食物から摂取される「脂肪」「炭水化物」「糖質」などを、食べた後(体内に入ってから)腸などが吸収するのを強制的に防ぎ、ある程度の量を体外へ排出させるものです。

 

結果・・・

 

両者とも余分なカロリーを抑えられ、今の状態をキープ、あるいは重度の肥満を解消するのに役立つ、って言う事になります。

 

注意点・・・

 

こういったダイエットピルと呼ばれるものは、その名の通り薬なので、美容外科クリニックなどで取り扱いがあるものも、そのほとんどが海外製です。

 

日本にもダイエットサプリメントと呼ばれるものがありますが、あくまでも「健康補助食品」「特定保健用食品」の枠内なので、摂取したとしても健康被害(副作用)などは皆無ですが、、、

 

ダイエットピルなどは成分が薬のため強制力があり、人によっては軽い副作用が出たりするんですね。

 

だから、薬局などで購入することができず、美容外科クリニックなどの処方箋が必要、というわけです^^

 

簡単に言うと、、、

 

日本国内では、認められていない成分が使われているってことですけどね。

 

あと、一種類だけ厚生労働省の認可を受けた、抗肥満薬(食欲抑制剤)の「サノレックス」っていうものがあります。

 

クリニックで処方されるのはコレが多いですね。

 

また、こういった美容外科クリニックのお世話になる方法以外で、ダイエットピルを入手しようとすると・・・

 

通販(個人輸入代行業者)で海外から自宅へ直送してもらう、って言う方法もありますが、日本では販売が認められていないものも多いので、自己責任に委ねれられています。

 

ではここから、ダイエットピルの細かい種類分けと、正しい使い方です^^

 

 

ダイエットピルの種類別正しい選び方と使用方法!

ダイエットピルはお大まかに分けると2種類です。

 

食欲抑制剤と吸収阻害剤。

 

選び方と言っても、超簡単で・・・

 

コレをご自分の太っている原因に当てはめて使うだけ^^;

 

たったそれだけです。

 

いくつも原因が考えられる場合は、相性のいいモノを組み合わせて使ったり、吸収阻害剤などの場合は、その都度、食事内容に合わせて使用するのもいいかもしれませんよ^^

 

自分のカラダの事は自分がいちばん知っているでしょうから、何故自分が太っているのかはお判りですもんね?

 

食べ過ぎが原因なのか?

 

 

食欲抑制剤へ

 

 

 

偏った食事(栄養素)が原因なのか?

 

極端に炭水化物(糖質)、糖質(甘いもの)を摂り過ぎているのか?脂分(カロリー)を摂り過ぎているのか?

 

 

吸収阻害剤へ

 

 

ってことです。

 

太っている原因が食べ過ぎ(過食)なら、食欲抑制剤を使えばいいですし。

 

極端に偏った食生活をしているなら、その食べ物が持つ栄養素が体内で吸収されるのを阻害してやればいい、ってことになります。

 

ただ、注意点は・・・

 

ダイエットピルだけで痩せようとしないことです。

 

ダイエットサプリなどもそうですが、結局はダイエットピルも補助に過ぎません。

 

こういったものだけで痩せるなんてことは、やめたほうが無難です。

 

ピルダイエットをやめたら、途端にリバウンドしますからね(泣)

 

クリニックなどで処方されるのも、他のダイエット方法に組み合わせて使用する、ってことですから、頼り過ぎると超リバウンドを被ることになりかねませんよ^^;

 

TVのダイエット企画番組を御覧になられたことがある方ならお判りでしょうけど、結局は有酸素運動(ウォーキング系)や無酸素運動(筋トレ)なども加えてやってるでしょ?

 

コレは、せっかく痩せたのが元に戻らないように、常日頃から脂肪(カロリー)を燃焼してくれる、基礎代謝をUPさせるためなんですよね。

 

せっかくダイエットピルを使用するのなら、こういった運動系も加えたほうが、より効果的だし、対リバウンド効果もバッチシだと思いますよ。

 

あと・・・

 

ダイエットピルと言う、薬の部類として販売されてるものと、ダイエットサプリの部類で販売されてるものがあり、いずれにしても日本国内での販売が認められていない成分を含むものが多いです。

 

食欲抑制剤の種類と効果!

過食や食べる量が多いことが肥満の原因、ダイエットの妨げになっている場合は、こういった食欲抑制剤(薬)が効果的です。

脳や満腹中枢などに直接働きかけて、食欲自体を抑制するタイプ。

◯ファスティン(ダイエットサプリ)

※販売中止となっています

 


◯フルファストシリーズ(ダイエットピル)

※販売中止となっています

・錠剤タイプ

・スプレータイプ

・ガムタイプ

いずれも食欲を抑制するタイプで、3種類あります。

使い勝手のいいものを選ぶといいですね。


糖類などが持つ、甘味に対する感覚を鈍感にしてくれるタイプ。

◯ギムネマシルベスタ(ダイエットサプリ)



⇒ Swanson ギムネマシルベスタ400mg100錠

甘いモノに、ついつい手が伸びてしまう方にはいいかもしれませんね。


などなど。

吸収阻害剤の種類と効果!

美容外科クリニックで、抗肥満薬として処方されるのがこのタイプになります。

 

ダイエットピルの種類によって、阻害してくれる栄養素が異なりますね。

 

脂肪分(油分)の多い食事を好まれる方向きです。

 

◯オルリファスト(ダイエットピル)

 

 

⇒ オルリファスト(Orlifast)120mg

 

ご存知、ゼニカルのジェネリック版です!

 

 

 

◯ゼニカル(ダイエットピル)

 

 

⇒ ゼニカル(Xenical)

 

 

炭水化物=糖質ですから、ゴハンやパスタ、ラーメンなどの炭水化物系を摂ることが多い方にオススメ。

 

◯マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー(ダイエットサプリ)

 

 

⇒ マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー(75ソフトジェル)

 

⇒ マキシマムストレングス・3in1・カーボブロッカー(150ソフトジェル)

 

※75錠入りと150錠入りがあります

 

 

糖類(糖分)の吸収を阻害するタイプ。

 

◯シュガーバン(ダイエットサプリ)

 

 

⇒ シュガーバン

 

間食として甘いモノを好んで食べる方もそうですが、濃い味(ソース・タレ)が好きな方は、常に糖質の摂り過ぎが疑われます。

 

焼き鳥やトンカツなども、タレやソースを付けなければ、摂取カロリーはグンと下がるのをご存知ですよね?

 

食事の際、こういった濃い味(ソースたっぷり派))を好まれる方にいいですね。

 

 

などなどが有名ドコロです。

 

ご自分の食生活や生活習慣に合わせて、相性の良い「ダイエットピル」や「ダイエットサプリ」を組み合わせて使うと、より効果的ですよ。

 

ダイエットピルまとめ!

食欲抑制剤もそうですが、海外のダイエットピルやダイエットサプリは、日本国内の健康食品やトクホなどと比べても、やや強制的に、って感じがあります。

 

欧米ではダイエットサプリとして販売されているものでも、日本国内で認可が降りていない成分を含むものも多いですからね^^;

 

こういったものを使用される場合は、適量を守り、過度の摂取は避け、自己責任においての利用って事になりますよ。